日本の医薬品通販の事情と個人輸入代行業者

医薬品の購入方法として、薬局やドラッグストアでの店頭での購入の他に、通販を使った購入方法があります。
特にインターネットでの薬の販売は手軽に利用出来る事から人気があります。
ただし、通販はどんな薬でも購入出来るわけではありません。
医薬品は取扱の危険度に応じて第一類から第三類までカテゴリー分けされています。
特に危険度の高い第一類に指定されているものは、インターネットの通信販売で購入する事は出来ないのです。
また、第二類に属する薬の通信販売も、風邪薬等の副作用のリスクが少ないものに限られています。
こうした医薬品の通販を規制する法律は2009年の6月以前は存在していませんでした。
しかし、インターネットショッピングの普及により、誰でも手軽に薬を入手出来てしまう様になった為に、急速に法改正が行われたのです。
ただ、薬の通信販売に関する法律はまだ試行錯誤の段階であり、今後は今よりも規制が緩和されるのか、逆に厳しくなるのかわからず、流動的な状態が続いています。
さて、こうした薬事法の規制とは違う次元で薬の販売を行っている業者も存在しています。
それが、輸入代行業者です。
薬の輸入代行業者は、個人輸入を代行するという形で個人向けに海外の薬を販売している業種になります。
つまり、実際に薬を販売するのは海外の発送元で、代行業者はあくまで輸入の手続きを行う業者というスタンスで運営しているのです。
輸入代行業者の特徴は、日本では認可されていない海外の薬を購入出来る点にあります。
日本未認可の薬も、個人輸入で入手して使用する事は合法なのです。
特に海外には安価なジェネリック医薬品が多数流通していて、個人輸入代行業者での人気商品になっています。
ただ、個人輸入代行業者を利用する際は、いくつかの注意点を守らなければなりません。
注意点の一つはまず、評判のよい業者を選ぶ事です。
個人輸入代行業者の中には悪質な業者も混じっており、粗悪な偽物の薬を販売している事があるのです。
ただ、近年は10年以上の実績を持つ様な大手個人輸入代行業者があり、その業者で購入する限りは安全な薬を購入出来る様になっています。
さて、もう一つ個人輸入代行業者の利用の際に注意が必要なのは、個人で輸入した薬の使用は全て自己責任で行わなければならないという点です。
例えば日本国内で認可されている薬ならば、重大な副作用が生じた時に副作用被害救済制度が適応されて、治療費などの保証が得られます。
ですが、個人輸入で購入した薬で同じ様に副作用が生じても、すべて自分で治療費を払って治さなければなりません。
ですので、いかに個人輸入代行業者で薬が自由に買えるといっても、医師に相談し、安全を確認した上で使用した方が良いのです。
この様に、個人輸入での医薬品購入は、それなりにリスクを伴うものです。
しかし、価格の安さは抜群なので、安全を確認した上なら便利に利用する事が出来るでしょう。

Comments are closed.